Products

保有するプロダクトおよびサービスをご紹介します。

Services

AWSシステム・テンプレート構築「OSOBA」

AWS Well-Architected framework」に基づいた設計および構築ツール(開発シェル、ansible playbook、git)を用い、プロジェクトおよびシステムの設計から構築・保守サービスを提供します。

RFP(提案依頼書)に対し定義化された要求仕様、設計書を一部自動生成し、かつ、Demo環境を評価しながらお客様と共に改善していく手法となります。

クラウドシステム設計・OS設計はもちろん、ミドルウェア(Jave App Server、各種DB、分散システム)の設計および設定、試験も担当範囲とします。

方針

GCPシステム・テンプレート構築「OUDON」

AWSシステム・テンプレート構築「OSOBA」で蓄積したクラウドコンピューティングの経験・知識をもとに、構築ツール(開発シェル、ansible playbook、git)によりプロジェクトおよびシステムの設計から構築・保守サービスを提供します。VPC Service ControlCloud Armor Security Policyを採用しオンプレミス環境に匹敵するセキュア環境を実現します。

RFP(提案依頼書)に対し定義化された要求仕様、設計書を自動生成し、かつ、Demo環境を評価しながらお客様と共に改善していく手法となります。

クラウドシステム設計・OS設計はもちろん、ミドルウェア(Jave App Server、各種DB、分散システム)の設計および設定、試験も担当範囲とします。

実装例

初期構築と構成維持の考え方

(A) 初期インスタンス作成

自前のマスター(テンプレート)イメージから初期インスタンスを作成します。
「Google Deployment Manager」などを用いることにより自動作成は実現できますが、経年によりGoogle保有のOSテンプレートが最新化やEOSLを迎え、旧イメージが使用できない場合に備えなければなりません。

注意) オートスケーリングが必要な場合は、別途検討が必要です。

Google保有のOSテンプレートが最新化されると、OS上のライブラリ、ソフトウェアのバージョンも更新されてしまい、インスタンス間にバージョンの差異が生まれてしまいます。
これは、構成管理を複雑にさせます。
自前でマスター(テンプレート)イメージを用意することで、OS上のライブラリ、ソフトウェアのバージョンを統一することが可能となり、品質を安定させることが可能です。

(B) ANSIBLE – Playbook の変更「Role」を開発

インスタンス共通およびインスタンス種別向けに変更する内容(Role)の定義、および、配布ファイル、配布処理を開発します。

【例】

最新 hostsファイルの配布
新規ソフトウェアの適用(yum installの実行)

(C) 開発環境へ自動適用

[ANSIBLE – Playbook]へ定義した変更内容を開発環境へ自動適用させます。
この時に以下の観点で実施することで、後続の「リリース判定」へ備えます。

・[ANSIBLE – Playbook]が問題なく終了すること。
・適用正常性の確認手順および手法の確立
・戻し手順の確立
・サービス影響範囲、調整事項の洗い出し
・予期せぬ事態に備えた考慮(エスカレーション先、対策前進など)

(D) GitLab(バージョン管理ソフトウェア)へ保存

動作検証が完了した変更内容をGitLabへPush(登録)とMerge Request(マスタ反映依頼)します。

(E) 管理者へマスター依頼

登録が完了したリソースのMerge Request(マスタ反映依頼)を実施します。

(F) リリース判定

変更内容へ対し、「正常性」はもちろん「安全性」、「耐障害性」の観点も含め判断します。

(G) Merge (マスタ反映)実施

(H) 商用環境の[ANSIBLE – Playbook]へ変更内容をリリースします。

(I) 変更内容を商用環境へ自動実行させます。
※cronやJP1、System walkerなどのジョブネット連動も可能です。

DevOps ・CI/CD環境構築「OSUSHI」

Google Kubernetes Engine(GKE)、Cloud Source Repositories、Cloud Build、Spinnaker を使用した継続的デリバリー(CD)パイプラインを構築します。

システムアーキテクトにおけるライフサイクルの中でアップデートを適用する範囲を広げるために必要なシステム構成、パッケージ、調整事項を理解することにより最適なCDプラクティスをご提案します。

Zabbix監視システム・アウトソーシング「ZAZABI」

Zabbixは、OSS(GPL version2)のもと公開されている統合監視ソフトウェアです。SNMP監視やエージェントレスといったシンプルな監視機能に加え、Zabbix Agentを導入することによる高機能な監視を標準機能で実現できます。また、数百台、数千台といった非常に大規模な環境の監視も低コストで導入可能です。反面、大規模かつ複雑化されたシステムに潜在的に潜むリスクを回避することは困難です。弊社では「Zabbix Sender」などをカスタマイズ、実装、シェルスクリプトによる独自センサーをご提供することで臨機応変に回避でき、ご要望にお応えしています。さらに、障害レポート、使用状況も独自に開発したAPI連携を用いフィルタすることで、Slackを初めとしたSNS連携を実現、自動化ツールにより機械的な一次対応をシームレスに実現しています。

システム構成

Demonstration

セキュリティ強化のため、Demo環境は二段階認証(二要素認証)を行うトークンソフトウェア「Google Authenticator」と連携しています。「Android」、「iphone」などから以下のQRコードを読み取り、ご利用をお願いします。

※全てのサービスがインターネットへ簡単に接続できる昨今、我々はイントラネット環境のサービスでも二段階認証(二要素認証)の実装を推奨しています。思い違いや認識の齟齬で知らぬ間にインターネットから利用できる状況になるケースが増えています。

Privacy-Policyはこちらをご参照してください。

項目入力値
ユーザ名mark_guest    
パスワード7144(Pin) + 「Google Authenticator」に表示されて
いる6桁の数字
【例】 7144429964
(6桁数字が上記画像のように429964の場合)

ホームページアクセス解析「AWStats」

httpdが出力するアクセスログからアクセス先およびアクセス元を統計化、ブラウザで参照することができます。

長年愛用され続けている古風なソフトウェアですが、構造がシンプルかつ軽量なソフトウェアですので、弊社では長所を生かし率先して推奨かつ導入しています。サイトおよび各ページ、コンテンツのアクセス動向を見える化させ、瞬間的なアクセスの増大、長期にわたる接続元を監視ソフトと連動させることにより、DDoS攻撃を防御します。動的な判別結果を監視システムへ投稿することにより管理者へ内容を通知します。

※事前に上記へ記載した二段階認証(二要素認証)のセットアップが必要です。

監視システム「Zabbix」

「Zabbix」はITインフラストラクチャ・コンポーネントの可用性やパフォーマンスを監視するシステムです。

Zabbixを提供するサービスは無数にありますが、お客様のニーズに合わせたログ監視、JMX監視、リソース監視をカスタマイズ、Zabbix_Senderを用い戦略的に情報収集します。検知した結果を標準機能であるMail送信を初め、セキュリティを担保しながら、APIおよびJSON連携できる全てのSNSサービスと連動します。グラフなども検知内容と同時に送信できるため好評を得ています。

※事前に上記へ記載した二段階認証(二要素認証)のセットアップが必要です。

プロジェクト管理システム「Redmine」

タスク管理、進捗管理、情報共有を行うプロジェクト管理ソフトウェア「redmine」ソフトウェアをカスタマイズ、監視システムで検知した障害内容を自動的にチケット化、SlackなどのSNSへ自動通知を行います。システム開発やwebサイト制作等のITプロジェクトをはじめ、汎用性が高いので幅広い用途に活用できます。

※事前に上記へ記載した二段階認証(二要素認証)のセットアップが必要です。

湾奥シーバス釣果予想システム「ツレダス:TReDAS」

ツレダス:TReDASはシーバス(鱸)に特化した釣果予測システムです。

シーバスルアーアングラー達の釣果データを基に天候、気温、ポイント(釣り場)の海底地形および潮位など、BigData(Google Big Query)へ集約、データアナリストや機械学習によりデータをフィルタしています。BIツール(Kibana、Elasticsearch)を経て、予測データを見える化しています。

システム概要

釣果予測 

謝辞:外部サービスとして画像提供をしている関係上、ブラウザのReloadで情報を最新にしてください。

潮見表

貧酸素水塊分布 予測

※以下の図は 東京湾貧酸素水塊分布予測システム を参照しています。

天気予報

2019-12-09(月) 本日
くもり後雨
詳細 くもり 夜遅く 雨
気温 最低 / 最高
--℃ / --℃
降水確率 00:00 / 06:00 / 12:00 / 18:00
-- / -- / -- / 50
風の予報 北の風
波の高さ 0.5メートル

2019-12-10(火) 明日
くもり一時雨
詳細 くもり 明け方 まで 雨
気温 最低 / 最高
14℃ / 5℃
降水確率 00:00 / 06:00 / 12:00 / 18:00
60 / 40 / 20 / 20
風の予報 北の風 日中 北東の風
波の高さ 0.5メートル

2019-12-11(水) 明後日
くもり時々晴れ
詳細 くもり 時々 晴れ
気温 最低 / 最高
7℃ / 15℃
降水確率 00:00 / 06:00 / 12:00 / 18:00
-- / -- / -- / --
風の予報 北の風 後 南の風
波の高さ 0.5メートル

プレスリリース

GPSとICTによる見守りシステム「ただいま〜」

技術実証の一環でICTによる位置情報の測定および探索、機械学習による異常行動の検出を行いました。表示機能を「LINE Developper」による「リッチメニュー」を利用することで、皆様が使い慣れた「LINE」上で機能を使用できます。専用アプリケーションのインストールを省くことができ、多方面から高評価を頂きました。しかし、バッテリーの消費量や専用端末のコストなどの課題を残しました。

バッテリーの持続性

5000mah モバイルバッテリー使用時 

目標連続稼働 5日 達成連続稼働2日

技術検証の目的

  • IT格差を低減するため、低価格端末およびIT知識を要求しないシステム構成および月額500円程度の利用料とする。
  • 学校および施設の利用ルールを鑑みスマートフォンを利用しない。
  • 野外ではGPS、屋内ではbluetoothのハイブリット位置測定とする。
  • 対象者に装着感を意識させないよう、できるだけ小型化する。
  • 位置情報、その軌跡から対象者の異常行動を検知、プッシュ方式の情報発信を行う。

システム概要

実証結果